衝撃展開に朝ドラ受け「そりゃないぜ、文ちゃん」【カムカム】

2022.3.30 19:45

バーで2人きりで話す五十嵐文四郎(右、本郷奏多)と大月ひなた(川栄李奈)(C)NHK

(写真5枚)

3世代の女性が主人公として登場する連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。3月30日放送の第105回では、五十嵐とひなたがバーで語るシーンが描かれた(以下、ネタバレあり)。

ハリウッド映画の出演オファーを受けながらも断り続けていたが、ひなた(川栄李奈)と五十嵐(本郷奏多)の説得、そしてアニー(森山良子)の座礼を目にし、そのオファーを受け入れた虚無蔵(松重豊)。その後、虚無蔵は制作チームの前で見事な殺陣を見せ、映画への出演を決める。

一方、五十嵐から飲みに誘われたひなた。かつての恋人からの誘いということもあり、心が揺れるひなただったが、五十嵐から制作チームのデイジーと結婚することを告げられる。複雑な心境ながら五十嵐を祝福したひなたは、「これが人生」とひとり呟くのだった。

ひなたが再会した五十嵐を少なからず意識していたこともあり、SNSでは「は!? 2人で飲み行って結婚報告すなや!!」「五十嵐の株の下がり方が上場廃止レベルなツイッターのタイムライン」「なんでデイジーとの結婚をひなたに会って決意するんや」といった戸惑いの声が相次ぎ、ツイッターのトレンドではまさかの「デイジー」が1位に。

また朝の情報番組『あさイチ』では久々の「朝ドラ受け」で、司会の博多華丸・大吉と鈴木菜穂子アナウンサーが、「そりゃないぜ、文ちゃん(五十嵐)」「解せぬ」「デイジーって誰・・・?」「休憩所で言えよ、わざわざ呼び出すなよ~」と口々に嘆いていた。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第106回では、ハリウッド映画『サムライ・ベースボール』の撮影がいよいよ始まる。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本