アニーと五十嵐の謎、視聴者「月曜まで待てん」【カムカム】

2022.3.25 19:45

道場で驚いた表情を見せるひなた(川栄李奈)(C)NHK

(写真5枚)

3人のヒロインたちが登場し、100年の物語をつむいでいく連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。3月25日放送の第102回では、映画村にハリウッドの視察が訪れ、ひなたがとある女性と出会うシーンが描かれた(以下、ネタバレあり)。

ハリウッドの制作チームが映画村を訪れ、案内役を務めたひなた(川栄李奈)。そこでキャスティングを担当するアニーヒラカワ(森山良子)という女性と出会う。そしてハリウッドが制作する『サムライベースボール』の参加者募集が始まり、条映でもオーディションがおこなわれることとなった。

映画村の役者たちも次々とエントリーシートを持ち込むなか、英語でサポートをおこなうひなたは大忙し。アクション監督を迎え入れるため道場に入ったひなたは、そこで約10年前に別れた五十嵐(本郷奏多)と再会するのだった。

俳優をやめて東京に帰ったはずの五十嵐が登場したことで、SNSは「五十嵐・・・そなたなぜそこに??」「ハリウッド監督って文ちゃん?」「五十嵐くん!? ここでまた来週とは殺生な」など、混乱する人が多数続出。

また、アニーの登場にも反響があり、「ヒラカワ」という名前から「カムカム英語・平川先生の娘さん?」という推測や、ひなたに言った「(英語は)思いもよらない場所まで連れていってくれますよ」というセリフから、「ロバートが安子に言ったのと全く同じ」「やっぱりアニーさんは安子?」といった意見もあり、ツイッターでは「平川先生」「アニー平川」などのワードがトレンド入り。

謎が多く残されたまま来週に持ち越しとなり、「月曜まで待てん!」「次週予告も謎だらけで全然わからん」などのコメントが上がっている。『カムカムエヴリバディ』の放送は4月9日まで。土曜日はその週の振りかえり。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本