梅田で「BLEACH展」開幕、原画や描き下ろしイラストも

2022.3.25 17:15

会場内には同展のテーマソング『Rapport』が流れている (C)久保帯人/集英社

(写真6枚)

久保帯人による人気コミック『BLEACH』の生誕20周年を記念した原画展が3月24日、「大丸梅田店」(大阪市北区)で開幕した。

2001年に『週刊少年ジャンプ』で連載がスタートした同作は、悪霊が見える少年・黒崎一護が「死神代行」として活躍する姿を描いたバトルアクション漫画。連載終了から5年が経った現在も人気を博し、今年10月には原作のラストまでを描くアニメ『千年血戦篇』の放送が予定されている。

原作の雰囲気に合わせたモノクロベースの会場では、「尸魂界篇」や「破面篇」といった長編の原画を展示。原画には久保氏による制作秘話も添えられているため、エピソードを振りかえりながらじっくり楽しむことができる。

新作アニメへの期待が高まっている「千年血戦篇」のブースでは、一護や更木剣八、日番谷冬獅郎といったキャラクターごとの展示が集結。同作の魅力のひとつでもある、迫力あふれる大ゴマや見開きシーンが並ぶ様子は壮観だ。

キャラクターごとの見せ場が大型のパネルで楽しめる (C)久保帯人/集英社

また、「離別」のシーンに焦点を当てた展示も。松本乱菊と市丸ギン、ウルキオラと井上織姫など、ファンにとっても印象的な「別れ」を原画やセリフとともに振りかえることができる。入口には同展のために久保氏が描き下ろした直筆イラスト、出口付近には東京会場で久保氏がライブドローイングで披露したイラストも展示されている。

『BLEACH生誕20周年記念原画展 BLEACH EX.』は、「大丸梅田店」15階にある「大丸ミュージアム」で4月18日まで開催される。入場料は一般・大学生2000円、グッズ(ステッカーやオリジナルケースなど)付き入場料3600円ほか。

取材・文・写真/つちだ四郎

『BLEACH生誕20周年記念原画展 BLEACH EX.』

期間:2022年3月24日(木)~4月18日(月)
時間:10:00~20:00
※入場は閉場の60分前まで ※最終日18時閉場
会場:大丸梅田店 15階大丸ミュージアム(大阪市北区梅田3-1-1)
料金:一般・大学生2000円、中高生1500円、小学生1000円、グッズ付き入場料3600円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本