「日常のくつろぎ」を重視、大阪・心斎橋に新たなホテルが誕生

2022.3.26 09:45

寝室スペースとリビングスペースを分けて使用することができる「レーベンツイン」(HOTEL THE LEBEN OSAKA)

(写真29枚)

不動産「タカラレーベン」(本社:東京都千代田区)が開業50周年を記念し、初めてホテル運営事業へ参入。その第1号店となる「HOTEL THE LEBEN OSAKA」(大阪市中央区)が、3月24日に大阪・心斎橋にオープンした。

これまで3万戸を超える分譲マンションを手がけてきた同社。「くつろぎという幸せ」をコンセプトとする館内は、住まいづくりのなかで培われた「人が快適に過ごす空間」のノウハウが至るところ用いられている。

たとえば、玄関にはシューズボックスが設けられ、「部屋で靴を脱ぐ」という過ごし方が推奨されていたり、リビングと寝室の境界が分けられた客室(レーベルツイン)があったり・・・と、旅先でも自宅にいるかようにくつろぐことができる。

部屋に届けてくれる朝食は、自家製生食パンで地元でも人気の「Dali」とのコラボ(1500円)。季節のパワーサラダやたまごサラダなど(HOTEL THE LEBEN OSAKA)

また、くつろぎポイントとして「空間のゆとり」を重視。日本の平均的な宿泊特化型ホテルの広さ15~20平方メートルに対して、全室30平方メートル以上と広さにもこだわっている。

そのほか、コロナ禍において部屋で動画鑑賞などを楽しむ需要が増えていることから、HDMI変換ケーブルやポータブルスピーカーの貸し出し、動画配信サービスやミラーリングなど、女子会にうれしいルームサービスも充実している。

「HOTEL THE LEBEN OSAKA」の場所は、大阪メトロ堺筋線・長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」より徒歩3分。宿泊料金はルームチャージ制のため、一室を何名で宿泊しても同じ価格となる(スタンダードツインは9900円、レーベルツインは1万6200円、8名まで泊まれるレーベルスイートは4万5520円など)。

「HOTEL THE LEBEN OSAKA」

2022年3月24日(木)オープン
住所:大阪市中央区南船場2-2-1
部屋数 : 107部屋
チェックイン15:00~/チェックアウト~11:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本