ミキ・亜生がイルカと漫才、トレーナー志望の過去明かす

2022.3.14 18:15

亜生とイルカ・テンとのコンビ名は、「そんなとこイルカ・オルカ」(亜生命名)(14日・京都水族館)

(写真5枚)

3月14日におこなわれた「京都水族館」(京都市下京区)の開業10周年を記念したイベントで、同じく結成10周年を迎える京都府出身のお笑いコンビ・ミキが登場。イベント冒頭では、ボケ担当で大学時代にイルカのトレーナーを目指していたという亜生と、「新相方」候補であるイルカの「テン」が漫才を披露した。

幼少期、父に連れられ水族館に通っていたことがきっかけで、イルカのトレーナーを志したという亜生。テンとのふれあいに、亜生は「トレーナーになるため勉強していた頃より、芸人になった今の方がイルカに接する機会が増えたかも」と感激した様子を見せていた。

イベント後半には兄の昴生も登場。「亜生くんが、ミキを組むか京都水族館で働くか悩んでたんですよ」と、京都水族館との意外な関わりを明かすと、亜生が「不採用だったんですけどね。(同館の)事務所を探してもらったら履歴書も残ってるはず」と返し、笑いを誘った。

また、同館の魅力を聞かれた昴生は、目玉のひとつである「オオサンショウウオ」の展示を挙げ、「僕らも台風明けの鴨川で奇跡的に見たことがあったけど、天然記念物だから近寄れなかったんです。それがあんな間近で見れるとは」と熱く語った。

同館では14日から「10周年Year」がスタートし、10年間の展示をテーマにした企画展やオオサンショウウオに関する新展示など、新たな取り組みを予定している。

取材・文・写真/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本