カップ麺化も決定、京都のレストランがラーメンを限定販売

2022.3.6 11:15

3月7日〜14日・昼3時~夕方5時、限定10食で提供。麺屋棣鄂の中太麺を使用した京都背脂醤油ラーメン「豚そばclassic」1200円

(写真5枚)

レストラン「bubblegum.」(京都市下京区)で、グランプリを受賞したラーメン「豚そばclassic」が、期間限定で販売される。

全国から応募されたさまざまなラーメンのなかから、審査会で選出された4部門・各部門5店舗を、SNSでの一般投票で頂点を決める『Ramenグランプリ2021-2022~あなたのいいねがカップ麺になる~決定戦!』(主催:東洋水産)。優勝店舗には賞金が贈られるほか、ラーメンはカップ麺として商品化されてきた。

今回「ラーメン店ではない店のラーメン」が条件となる「異種格闘技部門」にエントリーし、見事優勝した「bubblegum.」。普段はイタリアン&フレンチを中心とした店でラーメンは提供していないが、店主・廣瀬圭介さんは週3、4でラーメン店に足を運ぶというラーメンフリークで、その熱意は食べるだけにとどまらず、2020年には京都の施設で2週間、「白楽天ラーメン」という屋号で実際にラーメンを販売するほどに。

優勝を勝ち取った「豚そばclassic」は、その際に販売していたラーメンをブラッシュアップしたものだそう。「京都の昔ながらのラーメン屋さんで出される、豚骨ベースの醤油ラーメンで、ちょっと甘みもある味が好きなんです。うちではそれに鰹と昆布、煮干しの魚介の旨みを加えています。京都ラーメンスタイルのひとつである、スープに豚の背脂が散った『背脂チャッチャ』も表現しています」と、廣瀬さん。

そして、3月7日より「マルちゃん 本気盛 京都classic中華そば」(税抜き価格・220円)としてコンビニなどで数量限定販売されると同時に、自身のレストランでそのラーメンを1日10食限定で提供することに。グランプリを受賞したその味を、実際に味わうことができる。期間は3月7日〜14日までの1週間、昼3時〜夕方5時。10食限定で、価格は1200円。

取材・文・写真/天野準子

『bubblegum.』

電話:075-585-5658
住所:京都市下京区四条通醒ケ井南西角柏屋町12 
時間:18:00~24:00 ※3/6現在は京都府のまん延防止等重点措置に伴い15:00~21:00(LO21:30)
定休日:木曜日

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本