グルメで楽しむ世界遺産、阪急うめだで「春の九州物産展」

2022.3.9 06:45

「屋久鹿ジビエ王国」 ヤクシカロースソテー(120g・ 1801円)

(写真9枚)

九州のグルメや郷土品が集まる催事『春の九州物産大会』が、3月9日より「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で開催される。

今回は、世界自然遺産に登録されている「屋久島」「徳之島」「奄美大島」にスポットを当て、郷土料理や自然を感じる雑貨が集まる。

会場には、環境被害のために捕獲されたヤクシカの「ロースソテー」(120g・1801円)が登場。クセがあるイメージのジビエだが、ヤクシカは柔らかな肉質と臭みの無さで食べやすく、栄養価が高いのでヘルシーフードとしても注目されている。

そのほか、あなご飯弁当やとり皮、紅芋ソフトなど、惣菜系からスイーツまで充実。「奄美群島マルシェ」ではレトルトカレーやアイス、イートインコーナーでは、鶏出汁で味わう「奄美鶏飯」などがスタンバイ。お土産物やアツアツのおいしさで旅行気分を味わえる。

また、手軽に屋久島の自然を楽しめる「ガジュマル苔玉」や、海岸に打ち上げられた珊瑚から生まれる鮮やかなブルーの器「屋久島焼」も販売。期間は14日まで、9階催場にて実施される。

『春の九州物産大会』

期間:2022年3月9日(水)〜14日(月)
場所:阪急うめだ本店 9階催場(大阪市北区角田町8番7号)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本