ここはどこ?大阪の名スポットとSwatchの共演[PR]

2022.3.1 17:00

Swatch「BIG BOLD BIOCERAMIC DESERT」 ×「 通天閣・天望パラダイス」

(写真14枚)

アーティスティックかつユニーク、手元にこだわる人が選ぶ時計「Swatch(スウォッチ)」。ローンチされたばかりの春の新作を引っさげてシューティングしたのは、私たちのホームタウン、大阪。「コテコテ、濃厚」そんな表現がハマる強烈な個性を放つ街だけど、「Swatch」は見事にマッチしながら唯一無二の存在感をキープ。大阪の名スポットにも映えるシュッとしたデザインに注目して。

アースカラーの今どき顔
「BIG BOLD BIOCERAMIC」
×
ディープ大阪の代名詞、虹色に輝く「通天閣」

Swatch「BIG BOLD BIOCERAMIC BASALT」 ×「通天閣・4階展望台」


ギラギラ空間×アースカラーウォッチ。相反する「異色コラボ」となったその舞台は、誰もが知る大阪のシンボルタワー「通天閣」。足がすくむ屋上の跳ね出し展望台や、80年代を彷彿させる4階のディスコフロアでシューティングスタート! ミラーボールや夜景がどんなに煌めこうと、アースカラーはアースカラー。47ミリの存在感と何色にも染まらないマットな素材感。新作「Color Of Nature:BIG BOLD BIOCERAMIC」の芯の通ったデザインは、宇宙のなかの地球そのもの。

[DATA]

BIG BOLD BIOCERAMIC BASALT(1万7050円) 

ECサイトはこちら
Amazonはこちら
楽天はこちら

肌と同化しつつ主張する
「CLEAR COLLECTION」
×
刺激強めのカオスな食空間「心斎橋ネオン食堂街」

Swatch「CLEARLY NEW GENT」 ×「心斎橋パルコ・心斎橋ネオン食堂街」

2020年のオープン以来、早くもミナミの新名所となった「心斎橋パルコ」。聞けばその地下に、おしゃれの強者たちが集う飲み屋街があるとか。ネオン輝くカオスな空間「心斎橋ネオン食堂街」で過ごす相棒に選んだのは、スケルトンなシンプルウォッチ「CLEAR COLLECTION」。文字盤のシルバーリングがネオンカラーを反射してキラキラ! この手元、誰よりも目立ってる。

[DATA]

CLEARLY NEW GENT(1万780円)

ECサイトはこちら
Amazonはこちら
楽天はこちら

シリコンをまとった原色
「CLEARLY STRIPED」
×
ド派手上等!激安無敵!「スーパー玉出」

Swatch「CLEARLY YELLOW STRIPED GE291」 ×「スーパー玉出」

黄色に赤文字で描かれた原色の看板と、サイケでポップなイラストがトレードマーク。大阪の人なら知らない人はいない激安・ド派手な「スーパー玉出」でお買い物。名物の1円セールに気分は爆上がり! そういえば、今日付けている「CLEARLY STRIPED」もイエロー。原色なんだけど、あえて文字盤やストラップの裏面に施すことでちょっとスモーキーな表情に。秒針の赤と青は原色で、まさかのさりげないコーディネートになってるやん!で、記念にパチリ。

[DATA]

CLEARLY YELLOW STRIPED GE291(9460円)

ECサイトはこちら
Amazonはこちら
楽天はこちら

大阪の街とスウォッチの共演、いかがでしたか?これらの2022年春の新作以外にも心斎橋の「スウォッチストアOSAKA」(大阪市中央区)には、個性的で感度高めな時計が勢揃い。ぜひあなたにとってのスペシャルな1本を探してみて。

※本記事内の掲載写真は撮影時のみマスクを外しております。お出かけの際は、新型コロナウイルス感染拡大防止対策へのご協力をお願いします。

写真/渡邊一生 文/天見真里子
メイク/杉山美智恵 モデル/晶月
提供/スウォッチ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本