アンリ・ルルーの絶品塩バターキャラメル、3年ぶりに日本上陸

2022.2.11 16:30

メゾン・ルルーの人気スイーツ「キャラメル 「キャラメル C.B.S(缶)」

(写真2枚)

2019年、リブランディングのため日本から姿を消したメゾン・ルルーの人気スイーツ「キャラメル C.B.S」が日本再上陸。百貨店「阪急うめだ本店」に期間限定で登場する。

この塩バターキャラメルは、世界唯一のキャラメリエ(キャラメル職人)であるアンリ・ルルーが開発。なめらなか溶けていくキャラメルの芳醇な香りと、甘さを軽やかに引き立てる塩バターの絶妙なハーモニーはフランスで大人気に。そこから世界へと広がっていった。

その「キャラメル C.B.S」が、「阪急うめだ本店」の催事『フランスフェア2022』に期間限定で登場。世界を魅了したアンリ・ルルーのレシピを受け継いだ同ブランドが、3年ぶりに再出発を果たす。

販売されるのは、大定番の塩バターキャラメル「キャラメル C.B.S(缶)」と、8種のキャラメルが楽しめる「キャラメルスタンダードアソート(缶)」の2パターン。それぞれ、8粒入りが2160円、12粒入りが3240円。催事は2月23日〜28日まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本