R-1決勝進出7名が決定、大阪勢からは1名が進出

2022.2.13 19:45

大阪勢唯一のファイナリスト・kento fukaya (C)カンテレ

(写真7枚)

「ピン芸」日本一の芸人を決める『R-1グランプリ2022』(カンテレ)。その準決勝が「有楽町朝日ホール」(東京都千代田区)で2月13日におこなわれ、同日19時の会見で決勝進出を決めた7名が発表された。

決勝の舞台に進むのは、kento fukaya、サツマカワRPG(ケイダッシュステージ)、金の国 渡部おにぎり(ワタナベエンターテインメント)、ZAZY、吉住(人力舎)、お見送り芸人しんいち(グレープカンパニー)、寺田寛明(マセキ芸能社)の7名(事務所表記のない出場者はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)。うち、kento fukayaとZAZY、お見送り芸人しんいちはラストイヤーとなる。

2021年より出場資格が芸歴10年以内となり、大会名も『R-1ぐらんぷり』からカタカナ表記に変わる大幅なリニューアルを遂げた同大会。決勝前日の3月5日には「復活ステージ」がおこなわれ、準決勝進出者の24名がファイナリストの残り1枠をかけて競い合う。

20代目王者の称号と優勝賞金500万円をかけた『R−1グランプリ2022』の放送は3月6日の夜8時から。司会は霜降り明星と広瀬アリスが務め、カンテレ・フジテレビ系で生放送される。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本