廣木隆一監督が描く、SとMの世界「人間の欲望であり熱情」

2022.2.5 10:00

ピンク映画出身で、近年は「胸キュン映画3巨匠」とも称される廣木隆一監督

(写真7枚)

過激な描写のうちにメッセ―ジ性の高い核を仕込む奇才漫画家・山本直樹の伝説的作品『夕方のおともだち』が、名匠・廣木隆一監督によって映画化された。青春恋愛映画から社会性の高い作品まで幅広く撮りつつも、人間の奥底を描くエロティックな映画に自身の作家性の主軸に置く廣木監督が、「閉ざされていない」SMの世界で交流する2人の男女を描いた野心作だ。

取材・文/春岡勇二

「僕もピンク映画出身なので」(廣木監督)

──原作は1995年発表の、山本直樹さんのコミックですね。

そうです。同年に山本さん原作の『君といつまでも』という作品を田口トモロヲさん主演で撮って、次はこれだなって企画したのですが、実現するまでにずいぶん時間が経ってしまいました(苦笑)。ですが、いつか撮りたいという思いはずっとありました。

──そのモチベーションを維持できた原作の魅力は、どこにあったのでしょう?

SMというと、汚らしいとかワケが分からないとかよく言われるじゃないですか。でも結局のところ、人間同士の関係性において生じるエロスなんですよね。そしてエロスとは、人間にとって欲望であったり熱情であったり、生きることの代名詞となりうるものです。かつて「日活ロマンポルノ」が、性=生であることを示す名作を数多く残してきた。それが近年はすっかり減ってしまい、もっと作られればいいのにと思っていたので、だったら自分で作ろうと。僕もピンク映画(の監督)出身なので。

『夕方のおともだち』 © 2021「夕方のおともだち」製作委員会

──脚本を書かれた黒澤久子さんは、数々の名作ロマンポルノを執筆された脚本家・荒井晴彦さんのお弟子さんですね。

そうです。ホン(脚本)が出来たのはもう7、8年ですね。SMクラブの女王様役を演じてくれた菜葉菜(なはな)はそのときにオファーさせてもらったんだけど、彼女とムラジュン(村上淳)が演じてくれた主役2人のキャラクターや彼らの背景の設定は、今映画化した段階でもまったく変わっていない、完成度の高いホンでした。

──企画から長い月日を経ての映画化だったわけですが、逆に今映画化したことで変わったことはあるのですか?

SMシーンの描写が以前はもう少しハードなものを考えていたのですが、これは多少ソフトになったと思います。ただ、時代がそうさせたわけではなく、僕自身がソフトになったためですが(笑)。

SMの女王様を演じたのは、数々の話題作で注目を集める女優・菜葉菜© 2021「夕方のおともだち」製作委員会

──プレスシートには菜葉菜さんが、この作品への出演を7年間ひたすら待ち続けたと書かれていますね。

うん、よく待ってくれました。申し訳ない。彼女の起用は、原作のコミックを読んだとき、そこに画かれていたキャラクターが彼女にそっくりだったんです。もうこれはやってもらうしかないとオファーさせてもらったんだけど、やっぱりハードルの高い役ですからね。よく受けてくれたと思います。

──難しいけれど、面白い役でもありますよね。完全にアルバイトとして接客しているSMの女王様という。

リアルですよね、今どきはSMもバイトかよっていう(笑)。今回参考のために改めて、本職の女王様とその奴隷という男性にお会いしたんだけど、プレイはすごく芝居がかっているんですよ。純粋な虚構としての陶酔感のなかに2人の世界を作っているというか。「日活ロマンポルノ」にもSM映画のジャンルがあって、そこでの作品群はその虚構だけを描いていた。それで美しかったのだけれど、今回は2人の世界を閉ざさずオープンにして、現実と地続きにした感じです。

映画『夕方のおともだち』

2022年2月4日(金)公開
監督:廣木隆一
出演:村上淳、菜葉菜、田口トモロヲ、AZUMI、烏丸せつこ
配給:彩プロ R18+

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本