ランチ&ベーカリー、奈良・佐保路周辺の冬スポット[PR]

2022.2.4 12:15

さまざまなパンがずらりと並ぶ「こはく。」

(写真10枚)

平城宮があったころは「一条南大路」と呼ばれた、現在の奈良市の「一条通り」周辺は、通称「佐保路(さほじ)」と呼ばれている。このエリアは、聖武天皇の后・光明皇后や歌人・在原業平ゆかりの地でもあり、美仏の「佐保路の三観音」で知られる「法華寺」「海龍王寺」「不退寺」などがある。

そんな歴史深い「佐保路」エリアだが、最近はカフェやベーカリー、雑貨などさまざまなショップも点在。魅力あふれる「佐保路」エリアやその周辺で楽しめる冬の旬グルメと、この冬限定の街のイベント情報をご紹介。

季節のパフェ(880円)[CAFE&RESTAURANT POOL]

「フルーツパフェ」(880円)。この日のフルーツは金柑で、程よい酸味がアクセントに。その日買い付けしたフルーツでパフェの内容は変わる

気軽に立ち寄れるフレンチビストロのおすすめは、野菜の直売所で仕入れた旬のフルーツをコンポートにし、うまみを凝縮させた「フルーツパフェ」。トッピングのパイをザクザクと崩して、バニラアイスやグラノーラ、白ワインのジュレと混ぜながら楽しんで。

●TEL:0742-42-6430 ●住所:奈良市船橋町7 ●営業:朝11時半〜昼3時、夕方5時半〜夜10時(土日祝は朝11時半〜夜10時) ●定休日:火曜・第2水曜


季節のランチ(1760円)[くるみの木 一条店]

予約優先、人気の「季節のランチ」(1760円)。ランチは11:00、12:30、14:00の入れ替え制

カフェ・雑貨店の先駆けとして知られる、奈良随一の人気店。遠方からも訪れる人々のお目当ては、旬の食材たっぷりの「季節のランチ」。彩り豊かな混ぜごはんやおかずの組み合わせは、目にも楽しく滋味深い味わい。奈良産の食材を取り入れながら季節の野菜をたっぷり味わえる逸品をぜひ。

●TEL:0742-23-8286 ●住所:奈良市法蓮町567-1 ●営業:朝11時~夕方4時(土日祝は夕方5時まで) ●定休日:水曜・第3火曜


季節のパン(216円〜)[こはく。]

「3種のきのことシチューとチェダーチーズ」(216円)、「サーモンとアボカドのチーズフォンデュデニッシュ」(291円)、「チョコがたっぷりチョコクリームパン」(248円)

完売も珍しくない人気ベーカリーでは、ハード系から総菜パン、甘いおやつパンまで約50種がスタンバイ。ホワイトシチューと濃厚なチーズのピザ、チーズフォンデュをイメージしたデニッシュ、チョコづくしのクリームパンなど、1つで満足できるボリューム感も魅力。

●TEL:0742-34-0589 ●住所:奈良市法蓮町417-1 ●営業:朝8時〜売り切れ次第終了(夕方4時頃) ●定休日:水曜、火曜不定休


佐保路では、「冬の奈良大和路キャンペーン2021」を開催中

■佐保路三ヶ寺『ならり』ご提示特典

「佐保路の三観音」でも知られる、左から時計回りに「不退寺(業平寺)」「海龍王寺」「法華寺」(いずれも写真は本堂)の三古刹。特別御朱印の押し印の意匠は、各寺にゆかりのある「瓦」がモチーフ(写真提供:奈良市観光協会)

皇室ゆかりの尼門跡寺院「法華寺」、平城宮の鬼門を護るために創建された「海龍王寺」、歌人・在原業平が開創した「不退寺」。観光情報誌『ならり 秋冬号 Vol.31』 提示で、「冬の奈良大和路キャンペーン限定特別御朱印」授与(要納経料)、拝観料割引(個人も団体料金に)の特典あり。

詳細はこちら(外部サイトへ)

■冬の鹿寄せ

広大な芝生の原っぱ「飛火野」に呼び寄せられた鹿には、ご褒美にドングリがふるまわれます。1日1回10時から約15分の開催予定(写真提供:奈良の鹿愛護会)

「奈良公園」エリア「春日大社境内 飛火野(とびひの)」では、2月27日までの毎週金~日曜と祝日・祝前日(1 月22 ・23 日除く)の朝に「冬の鹿寄せ」を開催中。ナチュラルホルンの音色に誘われて集まるかわいらしい鹿たちに会いに来てみて。参加は無料。

詳細はこちら(外部サイトへ)

取材・文/柴山小枝 写真/Ayami
提供/奈良市観光協会

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本