駆け出するい、SNS「無音の演出すごい」の声【カムカム】

2022.1.24 19:45

傷つくるいに寄り添う竹村夫妻。左から、竹村平助(村田雄浩)、竹村和子(濱田マリ)、雉真るい(深津絵里)(C)NHK

(写真5枚)

昭和から令和、3世代のヒロインたちが登場し時代を生きる姿を描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。1月24日の第58回では、るいが錠一郎の泊まっている宿屋を訪れるシーンが放送された。

突如トランペットが吹けなくなり、デビューの話も取りやめになった錠一郎(オダギリジョー)は、大阪に戻ってくる。錠一郎は「奈々(佐々木希)のことが好きになった」と嘘をつき、るいを遠ざける。

平助(村田雄浩)を通じて真実を知ったるいは、錠一郎の元に向かうが、錠一郎に「僕とおったらあかん。不幸にしたくない」と拒まれてしまう。竹中夫妻やベリー(市川実日子)が2人を案じるなか、るいは「諦めへんって決めたから。ジョーさんのこと、ジョーさんと幸せになること」と決意を新たにするのだった。

これまで自分の幸せにどこか後ろ向きだったるいだけに、SNSでは「るいがひなたの道を見つけて歩いていこうとしているよ・・・」「るいの顔が、額の傷そっちのけで走り出したときからガラっと変わっていて、深津さんすごい」「安子の娘だもの。一度、腹括ると強いで」といった声が寄せられた。

また、るいが錠一郎の元に駆け出すシーンでは、「視聴者が経緯を知ってるんだからと伝聞シーンバッサリ切って演出するなんて、無駄がなく、しかも感情を補完する演出なんなん!」「るいがジョーの真実を知る経緯が上手すぎて衝撃」など、無音の演出に絶賛の声が上がっている。 『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第59回は、るいが錠一郎が泊まっている宿屋へ何度も通う。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本