辛い展開が続き…視聴者から「早く来週来て」の声【カムカム】

2022.1.21 19:45

笹川社長からあることを言われた錠一郎(オダギリジョー)(C)NHK

(写真4枚)

昭和から令和、3世代のヒロインたちが登場し時代を生きる姿を描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。1月21日の第57回では、トランペッターの錠一郎が不調に陥り、るいと音信不通となってしまうシーンが放送された。

東京でのレコーディングが始まったものの、突然トランペットが吹けなくなった錠一郎(オダギリジョー)。ライブの延期を知ったヒロイン・るい(深津絵里)は手紙を書くが、錠一郎は「書けるわけない」と返信できずにいた。いくつもの病院に足を運んだものの不調の原因は分からず、錠一郎のデビューは取りやめに。

傷心のまま大阪に戻った錠一郎はるいと顔を合わせるが、錠一郎を案じて東京からやってきた奈々(佐々木希)と遭遇する。ショックを受けるるいに、錠一郎は「奈々のことが好きになった。そやから、お前とは終わりや」と告げるのだった。

「僕とるいを繋いでたのはトランペットやのに」と思いつめ、るいを突き放そうとする錠一郎に、SNSでは「るいとジョーを繋いでたのは、トランペットじゃなくてケチャップのシミなのにな」「るいの前ではかっこいい錠一郎でいたいジョーが選ぶべくして選んだ答え」など、SNSでは2人の関係をもどかしく思う人が続出。

また、放送後の情報番組『あさイチ』でも、MCの博多華丸・大吉と鈴木菜穂子アナウンサーが、「あーあ・・・」「最悪だ」と頭を抱え、「嫌いにさせるなんてやさしさでもなんでもないからね!」と声を上げる場面も。落胆する朝ドラ受けに、SNSでも「分かるよ、視聴者も同じ顔してます」「視聴者の叫びを御三方が代弁してる」「早く来週来てーーー」と共感を呼んだ。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。土曜日はその週の振りかえり。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本