天海祐希が3年越しの舞台「今日ここで人生が終わっても構わない」

2022.1.29 08:45

天海祐希 写真/引地信彦

(写真2枚)

女優・天海祐希が鈴木亮平とともにダブル主演を務める舞台『広島ジャンゴ 2022』が、5月に大阪で開幕する。天海にとっては3年ぶりの舞台出演となり、それにかける意気込みやコロナ禍での葛藤などを語った。

宝塚劇団員時代からこれまで数多くの舞台に立ち、独自の存在感と迫真の演技力で多くの観客を魅了してきた天海。最近ではドラマや映画などでの活躍は絶えなかったものの、コロナ禍ということもあり舞台には久しく立っておらず、今回は自身にとって待望の出演作となる。

天海は「舞台は次の日への原動力ですね。人と直に触れ合えなくなった時間があったからこそ、生でできることがこんなに貴重でありがたいことだっていうのを感じています。いろんなものを経て、足を運んでくださるお客さまの前で『今日ここで人生が終わっても構わない』くらいの熱量を持って取り組んでいます」と、胸中を明かす。

そして、「みんなで同じものを見て、感動できること、泣けること、怒ること、目の前で繰り広げられることに感動できる素晴らしさをお客さまは改めて実感されていると思います。なので、私たち(共演者一同)はそんなみなさんの前で精一杯するだけです。熱量を感じていただければうれしいです」と意気込んだ。

劇作家の蓬莱竜太が手がけ、「広島が舞台の西部劇」という風変わりなストーリー設定で繰り広げられる舞台『広島ジャンゴ 2022』。大阪公演は「森ノ宮ピロティホール」(大阪市中央区)で5月6日から16日まで。チケットは4月3日より発売開始。

舞台『広島ジャンゴ 2022』

住所:「森ノ宮ピロティホール」大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
日時:5月6日〜16日
料金:1万2000円(全席指定)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本