神戸ポートタワーに「巨大アート」が出現、来春までの限定スポット

2022.1.18 19:15

神戸市民の花「アジサイ」を投影したプロジェクションマッピング

(写真9枚)

現在リニューアル工事中の「神戸ポートタワー」(神戸市中央区)に巨大プロジェクションマッピングが登場、1月14日にお披露目された。

この期間限定コンテンツは、2023年春まで続くアートイベント『神戸ウォーターフロントアートプロジェクト』の第1弾で、お披露目式では鮮やかに彩られたランドマークを見るために多くの人が集まった。

主催の「神戸ウォーターフロント開発機構」の風嵐(かざらし)さんは、「リニューアル中は姿が見られないポートタワーですが、そのあいだも親しみを持ってもらいたいと企画しました。神戸の街とアートを掛け合わせたプロジェクションマッピングで、投影する高さと、タワーの丸みを帯びた形を活かすよう工夫した映像作品は、なかなか無いと思う。そういった意味でも唯一無二のアート作品になったと思います」と語る。

映像制作は大阪に本社を構える「シムディレクト・タケナカ」が手がけ、神戸という街の地形と、市民の多様性をコンセプトに「One and only」というテーマでさまざまなモチーフが投影される。高さ70mのメタリックな未来型の踊るマネキンは「若い力の活躍」や「近未来感」を表現したといい、女性ダンサーの踊りをモーションキャプチャーしたそう。

そのほかにも、関西を中心に活動するアーティスト・BAKI BAKIのオリジナルグラフィックや神戸市民の花であるアジサイ、南京町や明石海峡大橋、モザイク大観覧車など同市民にゆかりのあるモチーフが彩られる。

お披露目式では、アジサイが咲く姿と復興を重ね感動する人も

会場に訪れた40代・女性は、「アジサイなど復興をイメージして作っているようで、印象的で、感動した。散歩中に来る楽しみが増えた」と喜びをコメントし、カメラを持った男性は「たいへん撮りがいのあるアートだと感じる」と、巨大な映像を楽しむ様子がうかがえた。

今後も海外アーティストを起用した大規模アートイベントや、SNSを使った参加型アートなどのさまざまな取り組みも予定されており、「ぜひ今後も注目してほしい」と主催の風嵐さん。期間は2023年春まで(第1弾コンテンツ「One and only」は2022年春まで)、時間は夜7時~夜10時(毎時0分・30分の計7回※1回あたり約7分間)。

取材・写真/木田容平

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本