ナンパ師のやらかし、略奪婚…京都水族館ペンギン相関図が一新

2021.12.25 13:15

『京都ペンギン相関図 2022』

(写真5枚)

「京都水族館」(京都市下京区)で暮らす59羽のケープペンギンの関係をまとめた『ペンギン相関図』。2018年の公開から年々泥沼化していた相関図が更新され、12月24日、特設サイトにて最新版が明らかになった。

「ペンギンにも個性があること、人間と同じように実は複雑な関係があることを知ってほしい」という飼育スタッフの思いから、夫婦やカップルなどの恋愛事情、親子、兄弟関係がまとめられた同館の『ペンギン相関図』。そのドロドロっぷりから「昼ドラみたい」「ずっと見てられる」と話題を集めており、日々関係性も変化していることから、今回で4回目の更新となる。

2022年版には、夫の『りょう』以外に数羽のオスのそばにいる様子を飼育スタッフに見られ、前回、魔性の女認定をされていた『ろくじょう』が、浮気相手の『さめ』と結婚するという「略奪婚」がおこなわれていたり、超ナンパ師として名高いオスの『さくら』が、メスの『てら』と間違えてその夫の『じょうふく』に求愛してしまい大失敗していたりと、相変わらずのカオスっぷり。

メスの「てら」をナンパするつもりがその夫「じょうふく」に求愛してしまい無視された「さくら」

ほかにも、広報担当者に見どころを訊くと、「オスになぜかモテまくる男性飼育スタッフを取り巻く状況」だそう。図を見ると男性飼育スタッフ(獣医)の山田さんには、ハートの矢印が3本も向けられており、その全員がオス。

「そのなかでも矢印が1番太い『あや』は女性スタッフには当たりが強めのオスなので、すごいですよね。水族館では実際に、それぞれのオスペンギンが山田さんに甘える様子も見ることができるかもしれません」と言い、ペンギン同士だけではなく、飼育スタッフへの接し方や愛情表現の違いにも注目だ。

『京都ペンギン相関図 2022』は特設サイトで公開されているほか、12月25日から館内1階「ペンギン」エリアで展示されている。営業時間は当面の間、朝10時から夕方5時で、年末年始も営業。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本