大阪府の新規陽性者は3人、吉村知事は3回目接種を急ぐ

2021.12.20 19:05

大阪府庁(大阪市中央区)

(写真1枚)

大阪府は12月20日、新型コロナウイルスの新規陽性者を3人と発表。この日は陽性者の割合が低いとされる月曜日だったが、今月の13日(2人)に続き、過去1年間で2番目に低い数字となった。

この日の検査数は6265件で、陽性率は0.05%(週平均0.2%)。新規陽性者を年代別に見ると、10代、20代、30代からそれぞれ1人確認され、市町村別では大阪市が1人、茨木市が1人、寝屋川市が1人だった。

新たに確認された重症者は1人で、現在入院中の患者は54人で、うち重症者数が2人、現在の重症病床使用率は0.3%となっている。

世界で蔓延しつつある「オミクロン株」について、吉村洋文知事はツイッターで「オミクロンは重症化率が低いから大丈夫、はそうであって欲しいが、そうでない場合も想定しないといけない。我々が直面するのは、重症化率ではなく『重症者数』。今のうちに抗体価減の高齢者や高齢者施設に3回目接種を」とコメントした(18日・原文ママ)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本