『TOP HAT』再演で、花組・柚香光がアステアのダンスに挑む

2021.12.13 21:15

『フォーエバー・ガーシュイン』(2013年)でフレッド・アステア役を演じた柚香光(写真右)が『TOP HAT』に主演。この運命的なつながりも成功を予感させる。デイル役は星風まどか

(写真1枚)

宝塚歌劇団花組が2022年3月21日~4月6日に、トップコンビの柚香光(ゆずかれい)・星風(ほしかぜ)まどかの主演でミュージカル『TOP HAT』を上演。このたび宣伝ビジュアルが解禁となった。

『TOP HAT』は、ハリウッド黄金期の名ダンシング・ペア、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャース共演のヒット映画を舞台化したミュージカル。2011年にイギリスで初演され、ローレンス・オリヴィエ賞の新作ミュージカル賞、振付賞、衣裳デザイン賞の3部門を受賞し、大成功をおさめた。

2015年には宝塚宙組によって日本初上演。当時の宙組トップスター・朝夏まなとのトップお披露目公演であり、冒頭の一糸乱れぬタップダンスの群舞から観客を魅了。ブロードウェイのスターダンサーであるジェリーと、ファッションモデルのデイルの恋模様を、ロマンティックかつ華やかに描き出した(脚本・演出は齋藤吉正)。その後、同年に来日公演がおこなわれ、2018年には坂本昌行や多部未華子らによっても上演された。

作品の大きな見どころは、アーヴィング・バーリンの名曲に乗せて繰り広げられるダンスシーンの数々。花組トップスター・柚香光はダンスの名手であり、今年上演された『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』でも軽やかにタップを披露していた。その高難度な足技といい、黒燕尾を着こなすエレガントな身のこなしといい、ジェリーにぴったりでは。重力を感じさせないアステアのステップを研究し、見応えあるステージを披露するだろう。

今年花組へ組替えしたトップ娘役・星風まどかは、宙組『TOP HAT』に最下級生で出演していただけに、再演での主演は感慨深いはず。彼女が演じるデイルは、さまざまなファッションを着こなし、歌にダンスにと活躍する役なので実力派の彼女に相応しい。

ほかにも、愉快な夫婦関係のホレス(水美舞斗)と妻のマッジ(音くり寿)、デイルに恋するコミカルなイタリア人デザイナーのアルベルトなど印象的な役が多い。多彩なキャラクターが舞台上で息づき、再び劇場は笑いとハッピーな空気感に包まれるだろう。

『TOP HAT』は「梅田芸術劇場メインホール」(大阪市北区)にて、2022年3月21日から4月6日まで上演。チケットは2月26日発売開始。

文/小野寺亜紀 

宝塚歌劇花組 梅田芸術劇場メインホール公演 ミュージカル『TOP HAT』

日程:2022年3月21日(月・祝)~4月6日(水)
会場:梅田芸術劇場メインホール(大阪市北区茶屋町19-1)
料金:S席9000円、A席6000円、B席3000円
※チケットは2022年2月26日(土)発売
電話:06-6377-3800

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本