大阪・万博公園でカレーフェス、関西の24店が集結

2021.11.14 12:15

西日本最大級のカレーの祭典『カレーEXPO』に関西の名店が集結する。

(写真3枚)

西日本最大級のカレーの祭典『カレーEXPO』が、11月19日より「万博記念公園・東の広場」(大阪府吹田市)で開催される。

大阪で人気のスパイスカレーをはじめ、インドやネパール、タイ、日本独自の進化を遂げた欧風系など、さまざまなジャンルが一堂に会す同イベント。今回は、グルメブロガーやカレー通が厳選した関西の24店が集結する。

初出店となる「SIZEN TO OZEN」(京都)からは、隠し味にコスタリカ産カカオを使用した「ピスタチオ&瀬戸内レモンのマッサマンカレー」が登場。そのほか、一見さんお断りの「北新地玉鬘(かずら)」名物のバターカレーや、一風変わったミャンマーカレーなど、普段なかなか出会えない一皿を味わえる。

カレーはすべてハーフサイズの食べ比べ仕様で、甘口メニューや子ども用カレーもスタンバイするので年齢問わず楽しめる。さらに期間中、『スイーツEXPO』『ロハスフェスタ蚤の市』も同時開催。期間は11月23日まで。食券は1200円(ライス、ルー2杯セット)、別途公園入園料要(大人260円、小・中学生80円)。

『第8回カレーEXPO in 万博公園』

期間:2021年11月19日(金)〜23日(祝・火)
会場:万博記念公園 東の広場(吹田市千里万博公園1-1)
料金:食券1200円(ライス、ルー2杯セット)、別途公園入園料要(大人260円、小・中学生80円)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本