細野晴臣、大阪を満喫「楽しかった。今、見直してるところ」

2021.11.12 07:15

『細野観光』会見に登場した細野晴臣(左)、ゆりやんレトリィバァ(11日・大阪市内)

(写真6枚)

日本音楽界の至宝・細野晴臣のデビュー50周年を記念した展覧会『細野観光1969ー2021』が11月12日から、大阪・梅田でスタート。それに先駆け、細野と同展のアンバサダーに任命されたお笑い芸人・ゆりやんレトリィバァが会見に登壇した。

2019年に東京・六本木で開催され好評を博した同展。「憧憬の音楽」「楽園の音楽」など5つの年代から巡る年表を中心に、音楽や写真、ギターや世界各地の民族楽器、手書きのアイデアノート、ブックコレクションなどの私物から、細野の脳内を体験するような構成となっている。

中学・高校時代のノートをはじめ、旅行先から愛猫に書いたハガキなど膨大な数の資料が展示されており、細野は「僕の脳内をさらけ出しちゃっているので・・・恥ずかしいですね」と照れ笑い。「スタジオにずっと置いてあったギターも展示されてて、『ここに来てるんだ』って驚いた。まあ展覧会は12月7日までなのでそれまでは使いません」と話し、報道陣を笑わせた。

円形となっている大阪会場。細野は「東京は直線的に見てたんで行ったり来たりが難しかったんですけど、ぐるぐる回れますよね」と喜ぶ

約4年前、細野のコンサートにゲスト出演したことから交流が始まり、今回アンバサダーに任命されたゆりやん。細野は「僕はお笑いが大好きなんですが、(ゆりやんの)アカデミー賞のスピーチのネタを見たときに、『英語がうまい!』『これは何者だ?』と思って、つい声をかけてしまいました」と当時を振りかえり、ゆりやんは「畏れ多い。うれしいです」と顔をほころばせた。

今回の滞在で大阪を満喫したようで、「一昨日はチンチン電車(阪堺電車)に乗って、住吉さんに行ったんですけどすごく興奮しましたね。軒先を走って行く感じで、東京にはなかなかない。都市で1番大事な風景じゃないかな。昨日は天神橋筋商店街を歩いて6000歩も歩いちゃった(笑)。どこまで行ってもあるでしょ?」と言い、「楽しかったですね。大阪は今、見直しているところです」と明かした。

『細野観光1969ー2021』は11月12日から12月7日まで、「グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボ」(大阪市北区)にて開催。料金は一般1500円など。

細野晴臣デビュー50周年記念展『細野観光1969-2021』

期間:2021年11月12日(金)〜12月7日(火)
時間:10:00〜20:00
会場:グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル イベントラボ
料金:一般1500円、高校生・専門学校生・大学生・シニア(65歳以上)1000円、中学生500円、小学生以下無料

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本