でっかい子犬が映画化、BTSの楽曲に乗せた予告映像も解禁

2021.11.2 17:45

映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』は2022年1月21日より公開 (C)2021 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved

(写真1枚)

アメリカの児童文学シリーズを原作とした実写映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』の、日本公開が決定。それと同時に予告映像も解禁となった。

真っ赤な毛色が印象的で、人間よりもはるかに大きい子犬・クリフォード。アメリカなどでアニメ化されていた同作が、劇場版では実写とCGを掛け合わせた映像でスクリーンに登場する。遺伝子学会社の研究に利用すべく大企業の社長がクリフォードを狙うなか、飼い主のエミリーをはじめ周囲の人間たちがクリフォードを守るべく奔走するというストーリーだ。

予告映像には、世界中から注目される韓国のパフォーマンスグループ・BTSの楽曲『Dynamite』を起用。アップテンポなメロディに乗せ、クリフォードに翻弄される周囲の人々をコミカルに映し出している。

また予告映像では吹き替え版の声にも注目。エミリー役には『鬼滅の刃』『劇場版 呪術廻戦 0』といった話題作に出演している声優・花澤香菜、その同級生役に『ヒーリングっど プリキュア』に出演した三森すずこなど、人気声優たちが起用されている。同作は2022年1月21日より公開。

映画『でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード』

2022年1月21日(金)公開
監督:ウォルト・ベッカー
声の出演:花澤香菜、三森すずこ、金丸淳一、諏訪部順一、ほか
配給:東和ピクチャーズ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本