斬新! 天下一品が「スニーカー」に、素材でラーメンスープも表現

2021.11.2 18:45

天下一品自慢の「鶏ガラスープ」は、複数の素材を使い分けることで表現したという

(写真5枚)

フランスのスポーツブランド「le coq sportif(ルコックスポルティフ)」(日本販売元:デサント)とラーメン店「天下一品」(本社:滋賀県大津市)がコラボ。限定スニーカーが11月10日に公式オンラインサイトで発売される。

若い世代のファッションにおいて「飲食店×アパレル」はファッショントレンドとなっており、近年では餃子の王将や紅虎餃子房といった大手中華店とアパレルブランドのコラボが話題を呼ぶなど、「飲食店」をコーディネートのワンポイントとして取り入れる若者は多いよう。

今回は、2021年に創業50周年を迎えるラーメン店「天下一品」をモチーフにした限定スニーカーが登場する。コラボする「ルコックスポルティフ」というのは鶏のマークがトレードマークのブランド。異なる業種でありながも、「鶏」と「鶏ガラスープ」に共通点があるということから今回のコラボが実現したそうだ。

カラーリングと複数の素材でラーメンを表現したという同商品。自慢の「こってりスープ」は、ベージュを中心に合成皮革や2種のメッシュを使用することでスープの深みを演出しており、靴紐には「麺」や「ネギ」、「追いスープ」からインスパイアされた3色が付いているので、気分や好みで付け替えができる。

この遊びごころたっぷりなスニーカーに、ツイッターでは「斬新で好きかもしれない」「靴紐の麺っぷり」「履くかどうかは別にして、買うわ」「ちょっと欲しい!」など、多くの人が興味を示しているようだ。価格は1万4300円で、公式オンラインサイトにて販売される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本