天海祐希「宝塚で良かったことは山のようにあります」

2021.10.23 22:00
  • 主人公の主婦・後藤篤子役を演じた天海祐希(10月23日撮影)
  • 新型コロナウイルスの影響で、公開が1年延期になったことに触れ「1年間はみなさんに作品を知ってもらえる時間が増えたと考えるようにした。劇場にお越しください、と言えることを幸せに思う」と語った
  • 「お仕事をしているのが一番楽しい」と話す天海。コミカルなシーンが多い作品なだけあり現場も笑いが絶えず、篤子の姑・芳乃(草笛光子)とのシーンでは「ごめんなさい草笛さん、笑ってもいいですか」と断りを入れてから笑うほどだったとか
  • 元気よくカメラに向かって手を振る天海祐希
  • 松重豊演じる無職になってしまう夫・章役について、「どんとそこにいるだけで後藤家がまとまる存在。色々と文句は言いつつ、最終的には旦那さんを頼りにしている信頼関係がある」と語った
  • 主人公の主婦・後藤篤子役を演じた天海祐希(10月23日撮影)
  • 新型コロナウイルスの影響で、公開が1年延期になったことに触れ「1年間はみなさんに作品を知ってもらえる時間が増えたと考えるようにした。劇場にお越しください、と言えることを幸せに思う」と語った
  • 「お仕事をしているのが一番楽しい」と話す天海。コミカルなシーンが多い作品なだけあり現場も笑いが絶えず、篤子の姑・芳乃(草笛光子)とのシーンでは「ごめんなさい草笛さん、笑ってもいいですか」と断りを入れてから笑うほどだったとか
  • 元気よくカメラに向かって手を振る天海祐希
  • 松重豊演じる無職になってしまう夫・章役について、「どんとそこにいるだけで後藤家がまとまる存在。色々と文句は言いつつ、最終的には旦那さんを頼りにしている信頼関係がある」と語った
(写真5枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本