シャウエッセン×青春恋愛物語? パリッ!響くCMに困惑の声

2021.10.15 21:45

シャウエッセン初のフルアニメーションCM『シャウりータイム』

(写真7枚)

10月15日・夜6時から放送中の『ミュージックステーション 35周年記念4時間スペシャル』で流れた、あるテレビCMが「今のなに!?」「意味がわからなかった」と話題に。その正体は、「日本ハム」(本社:大阪市北区)の看板商品である「シャウエッセン」の新CM『シャウりータイム』だ。

1985年に発売され、長年に渡り家庭で愛され続けている「シャウエッセン」。実は同ブランドには「いつか青春CMをつくってみたい・・・!」という熱い思いがあったそうで、その願いを叶えるべく、1人の女の子の一途な恋を描いたフルアニメーションCMが制作された。

新鋭音楽ユニットの空白ごっこ、イラストレーターの世津田スンを起用したCMでは、シャウエッセンを象徴する「パリッ!!」という音が、アップテンポな楽曲、色鮮やかなイラストレーションと融合。楽曲について空白ごっこは、「シャウエッセンのソーセージがたまらなく愛おしい女の子の歌を歌いました。側から見れば馬鹿馬鹿しく思え るかもしれないのですが、狂おしいほどに好きみたいです」とコメントしている。

念願の青春恋愛CMの完成に、当のシャウエッセンは「ウインナーと青春は、関係ないなんて言わせない。今っぽいアニメーションで、ミュージックビデオをつくってやるんだ。みんなが思わず口ずさむようなラブソングをつくってやるんだ。そう思っていたはずなのに・・・あれ、どうしてこうなった?」(担当者)と、なぜか戸惑っている様子。

最後には「ま、でも、いいか。恋する相手は、自由な時代だし(無理やりですかね)この音に、恋してる。シャウエッセンがつくった青春?MV『シャウり―タイム』完成です」とアピール。しかし突然流れてきたカオスCMに視聴者は、「嵐のように去って行った」「空白ごっこの声が聞こえたと思ったら何だったんだ」「無駄に凝ってて草生えた」「シャウエッセン食べたくなってきた」など、困惑しつつも影響されたようだった。

『シャウりータイム』は10月15日から、ニッポンハムグループ公式YouTubeチャンネルにて公開されている。ほか、シャウエッセンシリーズの「シャウスライス」が、人気キャラクターのベタックマとコラボしたARゲームが10月下旬より配信される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本