上西雄大監督、最新作は「生涯かけてシリーズで撮りたい」

2021.10.17 07:45

映画『西成ゴローの四億円』で監督、主演をつとめた上西雄大監督(16日・京都市内)

(写真4枚)

10月16日に『京都国際映画祭』(会場:よしもと祇園花月/京都市東山区)にてプレミア上映された、上西雄大監督の最新作『西成ゴローの四億円』。その舞台挨拶に、上西監督、津田寛治、木下ほうか、長原成樹、徳竹末夏、古川藍、エグゼクティブプロデューサーの高橋広規が登壇した。

映画祭内の『上西雄大特集』と題したプログラムで、近年公開された『ひとくず』『ねばぎば新世界』に続き上映された同作。監督の上西は、脚本・演出に加え主人公・土師悟朗も演じている。

舞台挨拶に登壇した上西は、「観ていただいたみなさんの反応が怖くて、震え上がっていました」と意外なコメント。上映終了後に拍手が起きたことに触れ「みなさんの拍手がなによりもうれしかったです」と感動をあらわにすると、再び会場内は拍手に包まれた。

自身の最新作で、主人公・悟朗が記憶を失いながらも娘のために4億円の金策に奔走する『西成ゴローの四億円』について語った上西監督。作品の舞台が大阪・西成であることに触れ、「関西人にとって西成は人間の色が1番濃い街。西成に住む、完全無欠の不屈のヒーローを作りたかったんです」と着想を語った。

上西監督自身が主演をつとめた作品であることに加え、前後編の大作ということもあり思い入れは相当なようで、「人生を賭して挑んだ作品です。僕は『西成ゴロー』を生涯かけてシリーズで撮っていきたいので、どうか応援よろしくお願いします!」と熱く締めくくった。同作品は2022年に全国で順次公開される。

取材・文・写真/つちだ四郎

映画『西成ゴローの四億円』

2022年より順次公開
監督:上西雄大
出演:上西雄大、津田寛治/奥田瑛二、ほか
配給:吉本興業 チームオクヤマ シネメディア

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本