照屋年之監督、満島ひかりの主演起用に「うまくいくと確信」

2021.10.16 20:00

登壇した照屋年之監督(左)と活動写真弁士の片岡一郎(16日・京都市内)

(写真5枚)

女優・満島ひかり主演の短編映画『演じる女』(2020)が、10月16日の『京都国際映画祭』(会場:ヒューリックホール京都/京都市中京区)にて上映。その舞台挨拶に、メガホンを取ったお笑い芸人のガレッジセール・ゴリこと照屋年之監督と、活動写真弁士の片岡一郎が登壇した。

沖縄・大宜味村を舞台に、地元で建設業を営むアキラと、満島演じる若く美しい妻・好子に隠されたとある秘密を描く同作。アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』で、満島がジャパン部門のベストアクターアワードを受賞するなど、その表現力や表情にも注目が集まっている。

そんな満島と照屋監督の縁は、家族の絆を描いた前作『洗骨』(2019)で主演を務めた奥田瑛二が「もし照屋からオファーが来たら絶対に断るな。あいつはイイ作品を作るぞ」と満島に助言したことがきっかけとなり繋がったとか。

作品を作り終えて照屋監督は、「満島ひかりを使いたくない監督っていないと思うんです」と満島を絶賛。「思い切ってオファーをかけたら、大げさだけどほとんどタダみたいな出演料にもかかわらずOKしてくれた」と明かし、「(出演が)決まった時点で100%うまくいくって確信しました」と語った。

また、最後は「今後も『洗骨』に続く長編映画を撮っていきたい。そのときにはみなさんの背中を押せるような作品作りができれば」と次回作への意気込みで締めくくった。

取材・写真・文/つちだ四郎

映画『演じる女』

監督:照屋年之
出演:満島ひかり、品川徹、普久原明、ほか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本