イギリスの老舗・紅茶商、世界初の常設ショップが大阪に

2021.10.7 12:35

阪神梅田本店の1階に位置する「リントンズ」

(写真8枚)

催事の際には行列ができるほど紅茶好きから支持される、1907年に創業したイギリスの紅茶商「リントンズ」。百貨店「阪神梅田本店」(大阪市北区)に、世界初の常設ショップを10月8日にオープンする。

創業から約半世紀にわたって馬車で各家庭に紅茶を届け、今も「tea caddy(ティーキャディ)」と名付けられた車両で約30万世帯に紅茶を直接販売のみ。そのため、これまで本国にも店舗がなかったのが「リントンズ」なのだ。

「リントンズジャパン」の岡田直也社長は、「日本に上陸したのが10年前。『この紅茶がないと生きていけない』という声もたくさんいただいき、4代目のサイモン・スミスが、日本のみなさまがイギリスと同じように弊社の紅茶を愛してくれているということを実感したことから店舗が実現いたししました」と説明する。

毎日300〜400種の茶葉をテイスティングする熟練ティーブレンダーが、ブレンドした紅茶(312.5g・1900円〜)をはじめ、紅茶に合うオリジナル焼き菓子、紅茶缶やポットなどティータイムにまつわるアイテムが店内にラインアップ。

また、テイクアウトのコーナーもあり、本場英国で愛されるミルクティー(ゴールド・378円)、アイスミルクティー(アールグレイ・399円)の2種、現地式にクッキーを紅茶につけて楽しめるように、ジンジャークッキーやショートブレッドなども。場所は同百貨店の1階で、営業時間は施設に準じる。

「リントンズ」

2021年10月8日(金)オープン
住所:大阪市北区梅田1-13-13 阪神梅田本店1F

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本