予約が取れない東京のアフタヌーンティー、関西に初登場

2021.10.6 12:35

スコーン、スイーツ、セイボリーのほか、5種の紅茶も楽しめる(写真はイメージ)

(写真2枚)

数カ月先まで予約が埋まっているというアフタヌーンティー専門店「スリーティアーズ」(東京都目黒区)が、大阪の重要文化財「綿業会館」(大阪市中央区)で12月10日・11日に出張イベントをおこなう。

30年にわたってイギリス専門誌の編集長をつとめる新宅久起さんが築約80年の洋館で、スイーツやセイボリー(軽食)、紅茶、食器にいたるまでイギリス式を追求した同店。SNSでも、「予約をとるのをあきらめてたけど、行けてよかった」「贅沢で充実した時間だった」と空間含めて、満足する人が続出している。

そんな本店の雰囲気を少しでも味わえるようにと選ばれたのが、通常は会員制の「綿業会館」。メニューも再現できるように、一ノ木理恵シェフをはじめ、厨房、紅茶スタッフが東京から出張してメニューを提供するという。

内容はクリスマス仕様となるそうで、料金は1人13970円。また12月12日には、『イギリス式スコーン完全レシピ』の著者である一ノ木シェフによるスコーンレッスンも実施。詳細は公式サイトにて。

「スリーティアーズ」の関西で出張アフタヌーンティーイベント

期間:2021年12月10日(金)・11日(土)
時間:11:00〜13:00、14:00〜16:00
料金:13970円
会場:綿業会館(大阪市中央区備後町2-5-8)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本