大阪で人気の「紙マーケット」2年ぶり開催、オンラインも

2021.10.7 14:15

第10回紙マーケット

(写真5枚)

大阪・中津にある印刷屋「レトロ印刷JAM」(大阪市北区)の人気イベント『紙マーケット』が2年ぶりに復活。10月23日・24日の2日間にわたって、さまざまな紙の販売や工場見学がおこなわれる。

印刷には使えないが、問題があるわけではない紙が倉庫にどんどん溜まっていたことから、なんとかその紙を誰かに使ってもらいたい、と始まったこのイベント。大きさや厚さに関係なく10枚100円で販売されたり、印刷の際に出てしまう紙の端っこを無料でもらえるブースがあったりと、紙推しにはたまらない空間となっている。

会場には前回好評で売り切れた「紙福袋」をはじめ、「ごんぶとノート」や「オリジナルマスキングテープ」など人気商品をはじめ、倉庫に眠っていたさまざまな紙が集結。今回は同印刷屋の海外支店が台湾にあることから、現地のクリエイターが作った年賀状をはじめ、現地のスタッフが足を運んで手に入れたレアな紙アイテムも登場するという。

イベントは朝10時30分から夜6時30分(最終日のみ夕方5時まで)。感染症対策として入場制限がおこなわれるため、事前予約の2時間制となる。また遠方でも参加できるよう、オンラインでも同時開催される(期間は10月23日から11月12日まで)。

『第10回紙マーケット』

期間:2021年10月23日(土)・24日(日)
時間:10:30〜18:30(最終日は〜17:00)
会場:レトロ印刷JAM(大阪市北区豊崎6-6-23)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本