大阪市の学力が改善、教育計画に市長「全国平均上回りたい」

2021.10.3 13:15

「大阪市教育振興基本計画」においてパブリックコメントを募る(10月1日・大阪市役所)

(写真4枚)

「大阪市教育振興基本計画」における市民からの意見を募るパブリックコメントが、11月1日まで実施されている大阪市。2021年度の全国学力学習状況調査では最下位を脱出したといい、次のステップに向けた新たな計画骨子の策定を目指す。

2019年度(2020年度は新型コロナの影響で未実施)と比較すると、調査対象の小学6年生と中学3年生の両学年で改善傾向があり、市教育委員会の調査では大きく伸びが見られたと説明する大阪市。

この結果について松井市長は、「最下位の科目はあるが、昨年までは全部最下位だったし、全国平均に近づいてきた。これは大阪の教育方針と中身に効果が出てきたということ」と自信を見せる。

また、2023年春には高等教育が府に移管されることが決まっており、「(自治体がすべきは)子どもたちが、どういう状況になっても生き抜く力をつける機会を与えていくこと。そのためには最低限の学力と体力が必要。教育委員会のマンパワー、財源をさらに義務教育に投入し、集中させることで全国平均を上回りたい」と意欲を見せた。

次期計画の素案は市の公式サイトなどで案内されており、市民からはメールや郵送などで意見を受け付け、11月には回答と合わせて公表される予定。

取材・文・写真/岡田由佳子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本