大阪府の陽性者は2501人、吉村知事「感染ピーク見えない」

2021.9.2 19:30

大阪府庁(大阪市中央区)

(写真1枚)

大阪府は9月2日、新型コロナウイルスの新規陽性者が2501人だったと発表(累計陽性者数は17万4228人)。新たに確認された死亡者は8人で、累計死者数は2809人となった。

この日の検査数は2万2459件で、陽性率は11.1%。年代別に見ると20代が595人でもっとも多く、次いで30代が437人、10代が393人、40代が365人、50代が277人。未就学児は134人、就学児は85人だった。

新たに確認された重症者は32人で、そのうち基礎疾患のある患者は8人。また、現在入院中の重症者は前日から12人増の242人で、大阪モデルの重症病床使用率は75.6%となり、重症者、重症病床使用率ともに悪化の一途を辿っている。

大阪府の吉村洋文知事はツイッターで、「倍化速度は鈍化している可能性がありますが、感染は増加を続けており、感染ピークも見えません」と投稿。そして、「少しでも症状があれば、早めの検査、学校会社は休む、保育所幼稚園には預けないの徹底をお願いします」と訴えた。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本