TOKIO・松岡昌宏が発案、丸亀製麺からコラボうどんが登場

2021.8.30 17:45

トマたまカレーうどん(並690円・1口ごはん付き)

(写真3枚)

讃岐うどん専門店「丸亀製麺」から「トマたまカレーうどん」が登場。9月3日から全国で発売される。

「TOKIO」(代表:城島茂)の松岡昌宏が発案、共同開発した同メニュー。カレーだし自体にアレンジを加えるのは同社初の試みで、松岡のアイデアと知識が混ざりあったオリジナルうどんの試作は50回以上にも及んだとか。

そんな同メニューのトマトをベースとしたカレーだしは、野菜の甘味と酸味がカイエンペッパーとマッチしスッキリとした後味に。さらに白だしやにんにく、しょうがを隠し味に加えることで、スッキリでありながらもコクのある味わいに仕上げたという(並690円・1口ごはん付き)。

このほか、焼肉のたれ風味で味付けした豚肉がトッピングされた「豚肉のせトマたまカレー」も同時発売(並890円・1口ごはんつき)。期間は10月中旬まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本