異例の解散報告を終え…雨上がり決死隊は何がスゴかったのか

2021.8.24 18:15

蛍原徹と宮迫博之によるお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の解散報告会の様子 (C)テレビ朝日

(写真3枚)

8月17日付で32年の活動に幕を下ろしたお笑いコンビ・雨上がり決死隊。「雨上がり決死隊解散報告会」と題して配信された『アメトーーク!特別編』では、出川哲朗やFUJIWARA・藤本敏史が「納得いかない」と号泣する一方、ケンドーコバヤシや東野幸治はこの報告会をバラエティとして成立させるため辣腕をふるった。

解散報告にゲストが集まるという異例の配信で、売れっ子たちがなんとしてでも見届けたかったふたりのラスト。そこまで愛された雨上がり決死隊とは、あらためてどんなコンビだったのか。その道のりやスゴさについて考察していきたい。

文/田辺ユウキ

まず雨上がり決死隊のプロフィールを簡単に振りかえる。同コンビは1989年、NSC7期生の宮迫博之、蛍原徹で結成。1991年にナインティナイン、FUJIWARAら若手人気芸人たちで組まれたダンスとお笑いをミックスしたユニット・吉本印天然素材(以下、天素)でブレイク。

その後、吉本興業の許可を得ずに上京し、鳴かず飛ばずの時期を過ごすが、2000年からの『ワンナイR&R』(フジテレビ系)で全国区に。2003年、初の全国ネットの冠番組『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーク!』(開始当時は『ー』が1本・テレビ朝日系)の放送がスタートした。

2019年に宮迫の闇営業が発覚し、その後、吉本興業とのマネジメント契約解除。コンビ活動も休止状態となり、2021年8月17日に解散を発表した。

■ 秀でた役者・宮迫

雨上がり決死隊のどういうところが魅力的だったのか。まずひとつは、コントのときのキャラクター性のおもしろさだ。特に宮迫がコント内で演じた奇抜な役の数々はウケまくった。インパクトが強いのが『ワンナイR&R』の名物キャラ、轟さんだろう。

太い眉と黒く縁取った目、鼻、口。白いタンクトップと黒いタイツ。江頭2:50を彷彿とさせる体の動き。男子(男すぃ)に対して強引にスキンシップを図り、女子(女すぃ)には「女子は黙ってろよ!」と問答無用に暴言を叩きつける。そして下腹部で組んだ手を「ギューン」の奇声とともに引き上げる。このキャラクターが人気を博した。闇営業発覚後、ユーチューバーとなった宮迫が自身のチャンネルで轟さんを復活させると、「最高」「完全に別人格」と大きな反響を集めたほどだ。

「解散報告会」のときも、宮迫は「自分が悲しむ姿を見せると嘘くさいと言われる」と口にしていたが、それは良くも悪くも彼が秀でた役者であることの裏付けである。映画『蛇いちご』(2003年)や『純喫茶磯辺』(2008年)でも芝居の巧さは証明されていた。その高い演技力をもってコントでも個性的な役に臨み、轟さんのように何年たっても忘れがたいキャラになりきった。蛍原も、解散報告時で「酒臭いままで現場にやってきても、本番になれば本当にすごい」と実力を評価していた。

■ 蛍原は受けの達人

そんな蛍原は、何といってもコント時の「受け方」が抜群だ。同じく『ワンナイR&R』で山口智充とみせたコント「チョコボーイ山口」は今観ても爆笑してしまう。あらゆる物事を下ネタに捉えて過敏に反応する山口に対し、相手役のおばあちゃんを演じる蛍原は言われるがまま、されるがままの状態を崩さない。「この人はなぜこんなに興奮しているんだろう」と浮かべるそのピュアな表情が、山口の気分をより高揚させていく。蛍原の受けは、相手のキャラクターの強度をより高めていくのだ。

蛍原は、決して無駄にツッコまない。相手を引き出すというより、出し切らせる。宮迫のようにマシンガンのごとく手数を出す相方を持っていたからこそ、身についた技ではないか。「解散報告会」でも宮迫が自分の気持ちを喋っている合間は絶対に口を挟まなかった。すべてを話させたうえで、宮迫より少ない口数で自分の想いを明確にしていった。

今年5月には愛してやまない「ゴルフ」専門チャンネルを開始した蛍原

一方で情報番組『スッキリ!』(日本テレビ系)で芸能記者・中西正男氏が、蛍原の性格について「すごく頑固。一度決めたことは、何を言われても譲らない」と証言。基本的にどんなことでも受け入れるタイプだからこそ、その一線を越えたときの揺るぎなさも人一倍なのだろう。コンビ解散に関して宮迫が未練を残すなか、蛍原は再結成の可能性を頑として否定していた姿はその性格のあらわれだ。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本