阪神梅田本店の一部フロア、対策をおこない20日再開へ

2021.8.10 16:05

阪神梅田本店(2021年8月1日撮影)

(写真4枚)

百貨店「阪神梅田本店」(大阪市北区)が8月10日、臨時休業している一部売り場を8月20日から再開することを発表した。

新型コロナウイルス感染の陽性者が多く出たことにより、7月31日・8月1日は全館休業したほか、7月30日から地下1階、1階の食料品売場(スナックパーク・シェイクシャック含む)を臨時休業している同店。食品売場関係者全員を含む1500人のPCR検査の受検を終えて、8月9日までにその結果が判明したことにより、再開の目処が立ったという。

「関係者に対する体温センサーによる確認や手指消毒の徹底、密回避のための入店制限による感染拡大防止策に加えて、より安全な運営に努めてまいります」と同社はコメント。再開後は、保健所の指導による対策を館内でおこなう予定だ。

内容は、検査結果の陰性判明者のみで運営できる体制の確保や、食品売場に6カ所のCO2センサーを新設し二酸化炭素濃度を常時把握、換気設備の増強など。

また、「阪急うめだ本店」をはじめとする系列百貨店でも、不織布マスク着用の徹底(布製やウレタン製マスク着用不可)、手指消毒方法を詳細に説明した啓発ポスターの設置、消毒液濃度管理の徹底がおこなわれるという。

SNSでは、「ちゃんと報告して休業してくれてよかった」「19日まで休業って長いな」と対応に対する声とともに、「落ち着いたら、いか焼きやお寿司をまた買いに行きます」と再開を待ちわびる声があがっている。

「阪神梅田本店」

住所:大阪市北区梅田1−13−13
電話:06−6345−1201

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本