大阪・日本橋の張り紙が話題「NOミソ入れ替え、休みます」

2021.8.5 07:30
(写真3枚)

首都圏3県と大阪に緊急事態宣言が発出された8月3日。度重なる自粛要請と酒類の提供禁止、ワクチンの供給不足の現状から、ツイッター上では「#こんなひどい政治は初めてだ」という投稿が相次いでいる。

そんななか、正体不明のとんかつさん(7th_code_player)がそのハッシュタグと「この貼り紙の通りやな」という短いコメントとともに投稿した1枚の画像が大きな話題に。

それは、休業を余儀なくされている大阪・日本橋の爆食店「ちょいめし あさチャン」(大阪市浪速区)の店頭張り紙。「菅ちゃんの頭が緊急事態なのでNOミソ入れ替えに行く為休みます」「尾身先生の声が聞こえる補聴器を持って菅ちゃんちへ行ってきます」と手書きで書かれた画像。すでに900件以上のリツイート、2800件のいいねがついている。同店にはたまに行くと言う正体不明のとんかつさん、この写真を撮ったのは6月上旬らしい。

こぶし大の唐揚げがスタンダード、爆食店「ちょいめし あさチャン」

「あさチャン」といえば、全然ちょいめしじゃないテラ盛りで有名な定食屋。お重に入った丼は、ミニサイズで約1kg(800円)の重量で、小が約2kg(2500円)、並が約3kg(4000円)といった具合。かつては、マスターのタイプに選ばれた女性は初回無料、次回から半額といった「天国ルール」もあり、とにかくユニークでうまい定食屋として、界隈から愛されているのだ。

そんなマスターのもうひとつの名物が、休業を知らせる手書きの張り紙。テラ盛りの噂を聞きつけ、遠方からせっかく訪問したのに休みだった・・・、そんなときでにクスッと笑ってしまう風刺の効いた張り紙は、ネット上でもたびたび話題に。

「ちょいめし あさチャン」マスターの名(迷)言が楽しすぎる恒例の張り紙

「わからず屋のナベツネから、じゃいあんつを買う事にしたので金策に行ってきます。一緒に買いたい人集まれ〜!!」

「板東氏からヅラが経費で落ちると知った一坊主CEOは、長年のハゲにオサラバすべくアートネイチャーへ行く為休みます」(一坊主CEO=マスターのこと)

「カルロス・ゴーンを連れ帰る為、荷物飛行機でレバノンへ行く事が急に決まったので早閉(はやじま)いしました。ごめんね」

「『うちわを作って配っていいか?』と蓮舫議員に聞きに行く為休みます」

「ラッスンゴレライを捕獲しに行くので休みます。ラッスンゴレライはありますっ!!」

「休みの理由が思いつかないので、理由を考える為休みます」

そんなユニークなマスターですら、この長きにわたる営業自粛は相当堪えている様子で、5月12日にはツイッターに「長くお休みすると再開しても、お客様が来て頂け無いんじゃないかと、不安になりますが・・・」と投稿、5月31日には「遅くなりましたがお休みを再延長させて頂きます」と意気消沈。現時点ではそれが最後の投稿となっている。

感染拡大を食い止めるには、日本政府や各自治体、医療関係者らによる並々ならぬ努力もあるが、1人ひとりの心掛けも必要。少しでも早くこれまでのように爆食を楽しんで、またマスターの名(迷)言を拝みたいものである。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本