学生パティシエが考案、テラスで楽しむ夏パフェ

2021.7.30 12:15

左から「ペシェ・オランジェ」「レモンとマンゴーのパフェエテ・フレ」(各1100円)

(写真9枚)

製菓専門学校「ecole UMEDA」の学生が考案した2種のパフェが、飲食店を運営する「バルニバービ」(本社:大阪市西区)の大阪府内5店舗にて、7月31日より販売される。

「テラスで楽しむ夏パフェ」をテーマに、授業の一環としてスタートしたというパフェメニューの考案。味はもちろん、ビジュアルや原価、提供スピードのまでを考慮し、実際に販売できる商品として2種類のパフェが選ばれた。

そのひとつ、夏の海をイメージした目にも涼しげな「レモンとマンゴーのパフェ エテ・フレ」は、マンゴーの濃厚さと、ヨーグルトムースやレモンソルベのさっぱりとした酸味が味わえる一品。

上に乗ったさくらんぼがかわいらしい「ペシェ オランジェ」は桃とオレンジのフルーツパフェ。グラノーラやナタデココが入っているため、それぞれの食感の変化が楽しめるのが魅力だ。

これら2種のパフェのいずれかが、「ムーラン」(大阪市西区)「シャンデリアテーブル」(大阪市北区)「トゥッフェ テラスイート」(大阪市中央区)「ガーブ ドレッシング」(大阪市都島毛区)「ミール トゥギャザー ルーフテラス」(大阪府枚方市)で、7月31日から8月31日まで期間限定で販売。価格は各1100円。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本