新鮮野菜たっぷりのパンが評判に、地域活性に挑む夫婦に迫る

2021.7.17 07:15

まころパンの商品たち。使用する野菜は、カラフルなものが多いのも特徴 (C)ABCテレビ

(写真6枚)

「夢」をキーワードに人生の輝く瞬間を浮き彫りにするドキュメント番組『LIFE 〜夢のカタチ〜』(ABCテレビ)。7月17日放送回では、野菜とパン作りを通して、地域の活性化に奮闘する夫婦に迫る。

今回紹介されるのは、京都府福知山市に住む岩切ご夫婦による「まころパン」。ウェブ販売やイベント出店を中心に活動する、店舗を持たないパン工房だ。なかでも評判なのが、イベント時にしか販売されない、旬の野菜をたっぷり使った「野菜のせパン」だという。

耕作放棄地が増加する現状を目の当たりにし、「地元・福知山の農業を守りたい」という思いから、農園を起ち上げた夫の啓太郎さん。2019年には、妻の康子さんが「まころパン」をオープンした。

人気商品「野菜のせパン」のおいしさの秘密は、なんといっても採れたての野菜。啓太郎さんの農園「86ファーム」では、自然に近い環境で肥料を一切使用しない自然栽培で、年間およそ150種類の野菜を作っている。そんなこだわりの野菜と、京都府産小麦、厳選した素材を使って、康子さんがさまざまなパンに変化させていく。

「多くの人に農業に興味をもってもらい、未来を担う農業者を増やしたい」と、子どもたちを呼んで野菜パンつくり体験をするなど、さまざまな活動に精を出す2人。番組では、新たに農業体験やマルシェイベントを企画し、話題を呼ぶべく新商品開発に挑む様子に密着する。この模様は7月17日・昼11時から放送され、ナレーションは俳優・佐々木蔵之介が務める。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本