大阪・新型コロナの新規陽性者は79人、陽性率は0.6%

2021.6.18 22:00

大阪府庁(大阪市中央区)

(写真1枚)

大阪府は6月18日、新型コロナウイルスの新規陽性者を79人と発表(累計陽性者数は10万2223人)。また、新たに17人の死亡が確認され、累計死者数は2584人となった。

この日の陽性率は、検査数1万2431件に対し0.6%。新規陽性者数は昨日に続き2桁台で、前週金曜日(134人)に比べマイナス55人と減少。エリア別では、大阪市が36人で、次いで豊中市7人、堺市6人。年代別に見ると20代の感染者が20人と最多で、50代が15人、40代が13人だった。

緊急事態宣言が6月20日に解除される決定を受け、府は21日から7月11日まで府内33市をまん延防止重点措置に移行させることを発表。新規感染者数は減少傾向にあるが、引き続き感染防止対策の徹底が求められる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本