『鬼滅の刃』に『ガンダム』、名アニメ作曲家・梶浦由記を追う

2021.6.7 20:45

作曲家・梶浦由記さん (c)カンテレ

(写真2枚)

7つのルールからその人生観を映し出すドキュメント番組『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系)。6月8日放送回では、作曲家・梶浦由記さんにスポットを当てる。

大ヒットアニメ『鬼滅の刃』をはじめ、『魔法少女まどか☆マギカ』『機動戦士ガンダム SEED』など、数々の名作アニメの作曲に携わってきた梶浦さん。2021年3月には、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』で、椎名豪とともに『日本アカデミー賞最優秀音楽賞』を連名で受賞した。

そんな彼女の音楽の原点は、幼少期にオペラ好きの父のために披露したというピアノ伴奏。その後、映画『東京兄妹』の劇中音楽を担当し、「大好きだったオペラや歌曲の世界がここで表現できる」とその魅力に気づいたという。

「BGMが作品より人の耳を奪ってはいけない」と、曲作りへのこだわりを明かす梶浦さん。シーンに合わせて状況説明や登場人物の感情を巧みに表現する『梶浦ワールド』が生まれる現場を、今秋公開予定のアニメ『劇場版 ソードアート・オンライン‐プログレッシブ‐星なき夜のアリア』の音楽製作現場で追う。この模様は6月8日・夜11時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本