【6月4日】奈良県で28人が陽性、デイサービスでクラスター発生

2021.6.4 20:35

奈良県庁(奈良市登大路町)

(写真1枚)

奈良県は6月4日、新型コロナウイルスの新規陽性者を28人確認したと発表。また、奈良市内の通所介護事業所(デイサービス)でクラスター事案の発生も報告された。

現在の感染者373人に対し、重症対応病床の占有率は28%(空き23床)、入院病床は34%(空き288床)まで改善。宿泊療養の運用室数も空きを656室確保するなど、医療体制は整いつつある。

その一方、この日は奈良市内にある通所介護事業所でクラスターが発生。6月1日に職員1人の陽性が判明したため、職員、利用者39人がPCR検査を受けたところ、計7人の陽性を確認。クラスター事案と認定し、事業所内の消毒などを実施。現在、感染源および感染経路について調査を進めているという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本