浮所飛貴、俳優業に熱意「木村拓哉さん、松本潤さんのように」

2021.6.2 18:15

『胸が鳴るのは君のせい』有馬隼人役・浮所飛貴 (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

(写真4枚)

人気コミックを映画化した恋愛映画『胸が鳴るのは君のせい』で主演をつとめた、ジャニーズJr.のユニット・美 少年の浮所飛貴(うきしょ ひだか)。大阪市内でひらかれた合同取材で、自身が所属する「ジャニーズ事務所」の先輩俳優たちへの憧れを口にした。

今回が映画初主演だという浮所は、「映画はこれまで観る側で、遠い存在の大きなものだった。そんな映画で主演をつとめることができて、夢が叶いました。浮所の年表のなかに刻まれた出来事です」と、弾ける笑顔でよろこびを語った。

今後も俳優業に注力していくといい、「木村拓哉さん、松本潤さんのような素敵な先輩方のように、自分も主演を任せられるような存在でいたい。一方で、二宮和也くん、風間俊介くんは主演でも、脇役でも存在感を残していらっしゃいます。そういう俳優も目指したいです」と映画界で活躍する先輩へ、尊敬の眼差しを見せた。

イケメンながらも無愛想な転校生・有馬隼人(浮所飛貴) (C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

お気に入りの映画作品を問われた際も、「中島健人くん(Sexy Zone)の『銀の匙 Silver Spoon』(2014)が、映画を好きになるきっかけになりました。あと『honey ハニー』(2018)の平野紫耀くん(King&Prince)は本当にかっこよかったです。当時は紫耀くんもまだジャニーズJr.だったので、自分に近いところにいる先輩が主演をやっていたことに刺激を受けました」と先輩たちの作品を列挙、それぞれの熱演に心が揺さぶられたという。

「演技はとても奥深い」と話す浮所は、「これからも演技の道を進みたい」と意気込んだ。映画『胸が鳴るのは君のせい』は6月4日より全国公開。

取材・文/田辺ユウキ

映画『胸が鳴るのは君のせい』

2021年6月4日(金)公開
監督:髙橋洋人
出演:浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)、白石聖、板垣瑞生、原 菜乃華 ほか
配給:東映

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本