Cocomi「堪忍な」の意味分からず、さんま驚く

2021.5.27 12:30

さんまはCocomiが「堪忍な、という言葉を知らへんかった」と驚いたそう

(写真8枚)

声優に初挑戦するCocomiが5月26日、明石家さんまが企画・プロデュースした劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』の完成報告会に5月26日登壇。さんまとともにアフレコ秘話を披露した。

直木賞作家・⻄加奈子の同名小説を映画化し、Cocomiが演じるのは主人公の娘・キクコ。アニメーション制作は『鉄コン筋クリート』『海獣の子供』などを担当してきた「STUDIO4℃」が手がけ、「絵もきれいで、STUDIO4℃の作品が大好きなんです! いろいろなフラグがあって楽しいなと思いました。家族と一緒に試写を観たんですが、家族全員が目が充血するほど泣いていました」と感動したことを話す。

キクコを演じるにあたって、関西弁を自ら指導したさんまは、「役的には難しかったと思いますが、よくクリアしたなと思いました。彼女はフルートもやっていて音楽のセンスも光るものがあるので、音符で関西弁を覚えていたんですよ! 『ちゃうやん』のひと言も音符で覚えていて、1発OKでした!」と絶賛。

そんななかで、「ごめんなさいではなくて『堪忍な』、と言ってくれとお願いしたら、堪忍の意味知らなかったんです」と関西弁ならではのエピソードも明かした。

最後にCocomiは「初挑戦で難しかったですが、周りの皆さまの助けがあり、やりきることが出来ました。ぜひ劇場でご覧いただけたらと思います!」と締めくくった。映画は漁港で暮らすダメな母親・肉子(声:大竹しのぶ)とキクコの生活を描き、思わぬ真実が飛び出す。6月11日に全国公開予定。

劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』

2021年6月11日(金)公開
企画・プロデュース:明石家さんま
監督:渡辺 歩
声の出演:大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹
配給:アスミック・エース

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本