さんま映画の主題歌MVが公開、吉田拓郎の名曲を子役がカバー

2021.5.27 17:45

6月11日に公開を控える劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』 (C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

(写真2枚)

明石家さんまがプロデュースする劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』(6月11日公開)。5月26日に、声優陣の吹き替えや新映像が満載の主題歌MVが公開された。

さんまが直木賞作家・西加奈子の同名小説に惚れ込み企画された同作は、漁港の船に住む食いしん坊で脳天気な肉子ちゃんと、その娘・キクコが巻き起こすハートフルコメディ。さんまの元妻で女優の大竹しのぶ(肉子)、木村拓哉の長女でフルート奏者&モデルのCocomi(キクコ)など、声優陣の顔ぶれにも注目が集まっている。

主題歌の『イメージの詩』は、シンガーソングライター・吉田拓郎が1970年に発表したデビュー曲。「母娘の物語にもマッチした名曲を新たな世代にも伝えたい」というさんまの提案から、今回は朝ドラ『とと姉ちゃん』『スカーレット』にも出演した10歳の人気子役・稲垣来泉がカバーすることに。公開されたMVでは、劇中で懸命に生きる人々にエールを送るような、力強さとあどけなさが感じられる、ピュアな歌声を披露している。

さらに、エンディング曲を担当する人気ボーカルグループ・GReeeeNがサウンドプロデュース、音楽プロデューサー・武部聡志が編曲で参加し、吉田は「時を超えた奇跡的なレコーディングに震えました」と絶賛。「まさに2021年に叩きつけられた新しいメッセージではないでしょうか」とコメントを寄せた。

主題歌MVは「Asmik Ace」のYouTubeにて配信中で、映画は6月11日に公開予定。

文/塩屋薫

劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』

2021年6月11日(金)全国ロードショー
企画・プロデュース:明石家さんま
監督:渡辺 歩
声の出演:大竹しのぶ、Cocomi、花江夏樹
配給:アスミック・エース

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本