【5月17日】奈良県のコロナ新規陽性者は38人、1人が死亡

2021.5.17 19:45

奈良県庁(奈良市登大路町)

(写真1枚)

奈良県は17日、新型コロナウイルスの新規陽性者を38人確認したと発表。また、新たに80代の女性の死亡が確認され、累計死者数は99人となった。

前日比マイナス28人となったこの日。検査数の関係から比較的少ない傾向とされる月曜なだけに一概に減少したと言えないが、前週月曜比でマイナス31人、重症対応病床、宿泊療養ともに改善されているものの、入院病床は占有率72%(空き113床)と悪化。入院・入所待機中、および自宅療養中が232人ということもあり、依然予断を許さない状況だ。

通勤や通学で大阪に通う人も多く、県外由来の1次感染のうち、4分の3が大阪由来となっていることから、県では引き続き、大阪市内での飲食・カラオケの自粛を呼びかけている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本