阪急・阪神百貨店、5月12日から営業体制を変更

2021.5.11 06:45

左が阪急うめだ本店、右は阪神梅田本店(撮影2020年4月7日)

(写真1枚)

臨時休業している「阪急阪神百貨店」(大阪市北区)の営業体制が5月12日から変更。大阪府と兵庫県で異なる対応となる。

緊急事態宣言発令に伴い、4月25日から5月11日まで食品売場のみ営業していた同社の百貨店。今回、発令期間の延長及び、各自治体からの要請に沿って変更を発表した。

「阪急うめだ本店」「阪神梅田本店」では、食料品売場のみ平日11時から19時に営業していたが、化粧品・婦人服服飾雑貨(一部売場を除く)も加わる。また土日祝は全館休業していたが、食料品売場・化粧品・婦人服服飾雑貨の売場は11時〜18時に営業する。

「神戸阪急」をはじめ兵庫県下の施設は、平日は全館営業再開となるが、土日は食料品売場のみの営業に(一部施設異なる)。また、「阪急メンズ大阪」は引き続き全館休業となる。施設により異なり、詳細は各公式サイトにて。

「阪急阪神百貨店」

「阪急うめだ本店」
住所:大阪市北区角田町8-7
電話:06-6361-1381

「阪神梅田本店」
住所:大阪市北区梅田1-13-13
電話:06-6345-1201

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本