即完売の「鬼滅トミカ」、第2弾に「300億の男」が登場

2021.5.11 18:15

今夏に発売される「鬼滅の刃トミカ vol.2」 

(写真4枚)

大ヒットコミック『鬼滅の刃』と、玩具メーカー「タカラトミー」(本社:東京都葛飾区)の「トミカ」の第2弾コラボレーション商品が2021年夏に発売される。

『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されていた『鬼滅の刃』は、累計発行部数1億5000万部を突破する人気作品。2020年秋から公開中の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、興行収入324億を記録し国内1位を達成。メインキャラ・煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)は「300億の男」として、SNSで話題を呼んだ。

そんな同作が、「タカラトミー」(本社:東京都葛飾区)の50年以上愛され続けるミニカーおもちゃ「トミカ」とコラボ。今年4月発売の主人公・炭治郎などがラインアップされた第1弾は、わずか数時間で完売するほど人気を博した。

第2弾では、鬼殺隊柱である「煉獄杏寿郎」「冨岡義勇(とみおか ぎゆう)」「胡蝶(こちょう)しのぶ」「時透無一郎(ときとう むいちろう)」「悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)」の5名が登場。車体には彼らの隊服と同じ「滅」の文字が描かれ、それぞれの特徴が織り込まれ細部までこだわったデザインとなっている。

価格はいずれも880円。全国のおもちゃ店、百貨店・量販店のおもちゃ売り場、「タカラトミー」公式オンラインショップで購入可能。

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C)TOMY

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本