ディズニー人気悪役に柴咲コウ「ハングリー精神というのに共感」

2021.4.13 19:05

「カッコ良さや反発心や反骨精神みたいなもの表現したいと思いました」と柴咲コウ(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

(写真2枚)

俳優・柴咲コウが、5月28日公開のディズニー映画『クルエラ』の主人公役の日本版声優に決定。役についての思いをコメントを4月13日に発表した。

名作『101匹わんちゃん』のヴィラン(悪役)として人気を誇るクルエラが主役の同作。1970年代のロンドンを舞台に、ファッション・デザイナーを夢見た少女が、悪名高き存在へと変貌してしまった背景と理由を描く。

実写映画の声優に初挑戦という柴咲は、「さまざまなことが積み重なってクルエラへと変貌していったということを表現しなければいけなかったので、そこの細かいニュアンスを出すことにかなり苦労しました」と告白し、一度全部終えたにも関わらず、自ら内容をチェックして何度も撮り直しをお願いしたという。

反骨精神あふれる若き頃のクルエラを演じるにあたって、「20年以上前の自分を掘り起こすような感覚がありました。何も知らないところで生きていかなきゃいけない、生き残っていかなきゃいけないというハングリー精神というのに共感する部分がありました」と新人の頃の自らを重ね合わせたそうだ。

映画では『ラ・ラ・ランド』でも活躍したエマ・ストーンがクルエラ役を、エマ・トンプソンが伝説的なカリスマデザイナー役を演じる。映画は5月28日に映画館とディズニープラス プレミア アクセス(追加支払い必要)で同時公開。

『クルエラ』

2021年5月28日(金)公開
監督:クレイグ・ギレスピー
出演:エマ・ストーン、エマ・トンプソン、マーク・ストロングほか
※映画館、ディズニープラス プレミア アクセス(追加支払い必要)で同時公開
(C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本