南野陽子、人気絶頂期に地元・兵庫でアルバイトの過去

2021.4.14 06:45

番組で紹介されたスイーツを味わう南野陽子(C)MBS

(写真3枚)

4月14日放送の『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS)に、女優の南野陽子がゲストで登場。アイドル時代にしていたアルバイトでの伝説エピソードでスタジオを驚かせた。

この日の放送は、兵庫県出身の南野をゲストとして招き、同県を代表する洋菓子店「ユーハイム」「神戸風月堂」「アンリシャルパンティエ」の地元限定スイーツを紹介。なかでも、名物・フィナンシェが「世界一売れた」とギネス認定されている「アンリシャルパンティエ」では、当時アイドルとして多忙を極めていた南野がアルバイトをしていたのだとか。

南野は1985年、高校生で歌手デビュー。「ナンノ」の愛称で人気を博し、アイドルとして活動するかたわら、『時をかける少女』や『スケバン刑事』など数多くのテレビドラマにも出演、女優としても活躍。そんな多忙のなか、南野は3日間だけアルバイトをしていたという。

当時、人気絶頂のアイドルが地元でアルバイトしていると、「アンリシャルパンティエ」には客が殺到。南野を一目見ようとし、「(客が)お水ばっかり飲んだ」らしく、「過去一番(ピッチャーの)水が減った」という驚天エピソードが明かされる。この模様は、4月14日・夜7時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本