カフェ遣いしたくなる京都の花屋、名物は蘭のソフトクリーム

2021.4.4 12:15

カウンターは全6席。緑で埋め尽くされた天井には蘭の花も吊り下げられている

(写真14枚)

カフェスタンドが併設されたフラワーショップ「Maestro(マエストロ) 京都」(京都市中京区)が、3月15日にオープン。見た目も美しい蘭のソフトクリームが、SNSで早くも話題になっている。

同店を手掛けるのは、店舗を持たず活躍するクリエイティブなフローリスト「Maestro花緑事務所」。主宰の綛谷武史氏は、花と緑で四季を表現する「四季者」と称し、デパートやホテル、アパレルショップなどの装花・活け込みを担当するほか、花と緑を使った作品を発表し、知る人ぞ知る存在だ。

生花を扱う初の実店舗となっており、「コロナ禍で、花を飾る人が増えています。これまでは自分がマエストロ(指揮者)となり、イメージや希望に応じる完全提案型の花屋として活動してきましたが、この店ではみんながマエストロであり、花と緑を楽しんでもらえる店にしたいと思っています」と、綛谷さん。

観葉植物や花器を扱うほか、店内のスタンドではコーヒーやソフトクリームもスタンバイ。「花屋って花を買う目的がないと入りづらいでしょ。コーヒーを飲みにふらりと入って花のある空間を味わってもらいたくて」と話す。

花器や照明など、花のディスプレーにもとことんこだわり、特にエントランスを入った正面に生花がズラリと並ぶ光景は圧巻。コーヒーを飲みながら「ここに来たら年中、花見ができますね」なんて声がお客からあがっているそうだ。

ソフトクリームはバニラのほか、フラワーショップらしい蘭のフレーバーを開発。ラン科の植物、シンビジウムをイメージしたグリーンオーキッドのソフトクリーム(600円)は口のなかで蘭の香りがふわりと広がる初めての味わい。エディブルフラワー(食用花)で飾られ、SNS映えするかわいさとあって、こちら目当てに訪れる人が続出している。

場所は、地下鉄京都市役所駅から徒歩約6分、京阪三条駅から徒歩12分。営業は昼11時〜夕方6時。毎週月曜と第1・3日曜休み。

取材・文・写真/天野準子

「Maestro 京都」

住所:京都市中京区夷川通御幸町上ル松本町576
営業:11:00~18:00 月曜休・第1&3日曜休
電話:075-746-6177

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本